外壁塗替え時にベランダ部分の施行|横浜の外壁塗装ならお任せ下さい。

株式会社Tホーム
  • Home
  • Mail
space

FAQ

外壁塗替え時にはベランダやベランダの天井部分の施行も行われますか?

横浜の港北区にマイホームを購入したのは15年ほど前です。当時、築浅物件だった中古の2階建てで日当たりがよく、たっぷり2台駐車できる駐車スペースも気に入って購入しました。
特別なメンテナンスなどを行ったことはなく、問題が起きたこともないので普通に暮らしてきましたが、ベランダの水はけがすごく悪い事、ベランダの天井部分から、雨の日に水が漏れているのを見つけてからは大丈夫なのかなと不安です。また、子供が庭でボールをけって遊んでいる時に外壁に触れると手が白くなったと言って、私も試すと確かにチョークに触ったみたいな感じになります。
この状態は外壁が劣化している兆候ではないかと主人も心配して、一度専門の業者さんに相談しようということになりました。
ベランダも合わせて見て頂きたいのですが、外壁塗装では一般的にベランダの施行も含まれているのでしょうか?オプションなのでしょうか?

answer

外壁に付帯する部分の施行も丁寧に行ってくれるのがプロの外壁塗装業者です

外壁塗装では住宅の外壁のみと考えられる方もいますが、家の構造により様々な付帯パーツが存在します。ご相談者様のようにベランダがあるお住い、1階にシャッターや雨戸を付けられているお住いや屋根部分の破風板、雨樋やエアコンホースなどがその例です。
外壁だけでなくその付帯部分も丁寧に点検し、劣化状態に合わせて適正な処置を行い、外壁と同じ塗料にて仕上げていくのが基本と言えます。業者の見積書の中に、それらの一つ一つの明細があるかを確認しましょう。業者の腕の見せ所とも言われるのは付帯部分の仕上り、3年後の状態がどうであるかという点です。「外壁は綺麗だけれど、雨樋は以前のまま」「数年経つと幕板の塗装が剥げてきた」というお住いは珍しくなく、残念な結果です。
外壁リフォームの内容をしっかり確認され、費用に含まれるものを明確にしておき、リフォーム後のアフターサービスがある会社を選ぶのが賢明です。

PageTop

株式会社Tホーム
Mail