外壁塗装|横浜で外壁塗装なら、株式会社Tホームにお任せください。

株式会社Tホーム
  • Home
  • Mail

外壁塗装

リフォームをお考えの方必見!外壁塗装・屋根塗装

定期的な塗装時期の目安は約10年前後と言われており、家を建てて10年前後が経過すると、カビやコケが目立ってきます。
また、雨風や夏の強い紫外線が原因で、塗装が剥がれヒビが入ってきてしまう場合もあります。
ひどくなると、雨漏りの原因につながります。これらの症状が出る前に、塗装をしてあげる事が大切です。
塗装をすると、外観が綺麗になるだけでは無く、家の寿命をより長く伸ばすことが可能です。

チェック!お家にこんな症状ありませんか?

メンテナンスの時期の目安は約10年前後です。
上記の項目に1つでも当てはまったら、塗り替えの検討時期です。
外壁塗装の劣化と言えば雨を想像しがちですが、紫外線も塗装面の劣化を引き起こします。
そのまま放置すると見た目が劣化するだけでなく、建物も守り切れなくな り、建物内部までダメージを受けることにつながります。
塗装は見た目を美しくする目的もありますが、本当の目的は建物の寿命を延ばす効果が得られる事です。
家を守るためにも、外壁の傷みに気付いたら塗装を検討しましょう。

こだわり!工事内容に妥協は致しません!

足場

足場

塗装工事をする上でとても大事な足場。頑丈で歩きやすいビケ足場を組むので、工事も効率良く進み、職人も安心して塗装が出来ます。
工事中に塗料が飛散らないようにメッシュシートも設置し、足場を組む前にはお家の周辺をしっかりと確認して、工事の邪魔になるモノがあればこちらで移動し、工事後にはきちんと元通りにさせていただきます。

3〜5回塗装

3〜5回塗装

メーカーが指定する塗料の塗り回数を守ります。ほとんどの塗装は、下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りですが5回塗りの塗料もあります。
下塗り、中塗り、上塗は、外壁塗装の仕上がりを美しくするだけでなく、塗料の付着性を高め、丈夫にするためのとても大切な作業です。
作業前の打ち合わせで、メーカー既定についてもしっかりご説明させていただきます。

高圧バイオ洗浄

高圧バイオ洗浄

塗装前には、綺麗に汚れを落とす必要があります。
こびりついた頑固な汚れは、高圧なバイオ洗浄で根こそぎ落とします。
外壁の汚れを一気に洗い流したら、塗装前に外壁目地の劣化した既存のシーリングの補修や、細かい傷やひび割れなどの補修工事を行います。
それにより、仕上がりも美しくなり、外壁からの雨漏りなど浸水の原因を、断ち切ることができます。

付帯部分

付帯部分

雨樋、軒天、破風板、水切りなど付帯部分は意外に傷みが目立つ部分です。
外壁塗装と一緒に付帯部分も綺麗に塗装をします。
付帯部分をそのままにしておくと、その痛みや汚れが特に目立ってしまいます。
工事前にはお家全体を細かく調査して、付帯工事にかかる費用や内容を、きちんとご説明させていただきます。

外壁塗装工事の流れ

外壁塗装と聞くと「建物を綺麗にするため」だと思っている人も多いのですが、外壁塗装の一番の目的は防水などの「家の保護」です。

建物は毎日のように雨や紫外線を浴びており、日々塗膜は劣化します。
塗膜が劣化すると防水効果が薄れ、壁にヒビが入ったり、変色やカビ・コケが発生して見た目も悪くなり、劣化したまま放置すると、家の内側を腐らせてしまったり、雨漏りの可能性もあるでしょう。
一般的には新築から10年前後が経過すると塗装の時期だと言われています。
当社では外壁塗装工事に様々なこだわりを持って施工させて頂きます。

ハウスメーカーさんからも「作業内容が細かい」と言って頂ける当社の施工内容を是非ご覧い頂きたいと思いますので、以下にTホームで塗装工事をさせて頂いたお家の写真を使い、工事の流れを記載させて頂きます。

高圧洗浄

バイオ洗浄
当社では、薬品が入ったバイオクリーナーを使って高圧洗浄をします。
バイオ洗浄だからといって100%汚れが落ちるわけではありませんので、落とせる範囲で汚れを落としていきます。
ですが、高圧洗浄時に一般的な水洗いよりも、しっかりと汚れが落ちます。
人体や動物、植栽などに悪影響のあるものでは無いのでご安心ください。

外壁、屋根、ベランダ、駐車場、その他細かなところ、様々なところを洗浄します。

Tホーム外壁塗装 外壁バイオ洗浄

クラック補修

クラックとは、ヒビ割れの事です。
塗装の前にヒビ割れが発生している箇所をコーキング材(オートンイクシード)を使用して補修していきます。

Tホーム外壁塗装 コーキング

下塗り

塗料をしっかりとつけて下塗りをします。
塗料の吸い込みが多い外壁では、下塗りを2回行う場合も多いです。

Tホーム外壁塗装 下塗り

中塗り

ムラや透けのないように確認しながら塗装を行います。

Tホーム外壁塗装 中塗り

上塗り

塗料をしっかりと使い塗装していきます。下塗り、中塗りを合わせて3回以上塗る事で、仕上がりが綺麗になります。

Tホーム外壁塗装 上塗り

目地のコーキング

一戸建ての家で一番多く使われている外壁材は、サイディングボードと呼ばれる外壁材です。
ボードとボードの間には、目地と呼ばれる継ぎ目が存在し、コーキング材を使用して目地を埋めてあげる必要があります。
ですが、目地のコーキングが劣化し、剥がれてしまっていたり、切れて青い下地が見えてしまっている家を、本当によく見かけます。

目地の下地が見えてしまっている家には、雨水がサイディングボードの裏側に、確実に入っています。
だからと言ってすぐに雨漏りしたりするわけではありませんが、放置すると、下地が痛み、釘が錆び、サイディングボード自体が反ってしまい、反った部分から更に雨水が入ってしまいます。

目地のコーキングの重要性が分かって頂ければ幸いです。

当社では、品質を重視したコーキング材を使用し、しっかりと工事を行います。

Tホーム外壁塗装 目地のコーキング

コーキング撤去

既存の劣化したコーキングを撤去します。

Tホーム外壁塗装 コーキング撤去

ボンドブレーカー

2面接着
なぜボンドブレーカーを使用するのかを説明するには、目地のコーキングには2面接着と3面接着の説明が必要になります。
左右のサイディングボードにコーキングが接着している事を2面接着、それに加えて下地にもコーキングが接着している事を3面接着と呼びます。

端的に言いますと、2面接着の方がコーキングの寿命を延ばす事が出来ます。
2面接着を実現するために下地とコーキングが接着しないよう、ボンドブレーカーを施工します。

Tホーム外壁塗装 コーキング撤去

プライマー塗布

コーキングを打ち込む前に下地処理としてプライマーを塗布します。
プライマーを塗布する事でコーキングの付きが良くなります。

Tホーム外壁塗装 プライマー塗布

コーキング打ち込み

オートンイクシード
目地にコーキングを打ち込みます。

ホームセンターなどで購入できる一般的なコーキング材では耐久年数が5年程度しかありませんが、当社で使用するオートンイクシードというコーキング材は約20年の耐久年数があり、目地にもこちらのコーキング材を使用していきます。

Tホーム外壁塗装 コーキング打ち込み

手直し

コーキングを打ち込んだ後は表面が均等になるように、へらでならして仕上げます。

Tホーム外壁塗装 手直し

目地のコーキングの完成

養生テープを外すと綺麗に仕上がっている事が分かります。

Tホーム外壁塗装 完了

幕板

幕板(または帯板)とは、建物に用いられる横長の板の総称です。
主に、境界的な役割を持つ場合が多く、1階と2階の間に取り付けられている事が多いです。

この幕板ですが、塗装してから間もない家でも「全体的に綺麗なのに、幕板の塗膜だけが剥がれている」という家をよく見かけます。
下地処理が甘かったり、下塗りの塗料を正しく選ばないと、塗装しても数ヵ月から3年以内で塗膜が剥がれてしまう可能性があり、良い業者と悪い業者を見極める1つのポイントだと言えるでしょう。

幕板自体が痛んでいる場合でも塗膜が剥がれてしまう可能性があるため、部分的に交換するか、下地まで痛んでいる場合は下地を交換する事で美観を保つ事が出来ます。

以下に、当社での幕板塗装の流れを記載させて頂きます。

Tホーム外壁塗装 幕板

下地処理

ケレン作業
古い塗膜の上から塗装をしても、剥がれやすくなります。
そのため古い塗膜を落としたり、上塗り材を密着しやすくするために行う下地処理は、重要な工程となります。

塗装をする前にペーパーでやすりがけを行い、古い塗膜を落とし、塗料の密着性を良くします。

Tホーム外壁塗装 ケレン作業

下塗り

シーラー
ケレンの次の工程はシーラーでの下塗りです。
この工程を間違えたり、下塗りそのものを間違えると、短期間での塗膜剥離の原因になります。

Tホーム外壁塗装 シーラー

中塗り

ムラや透けのないように確認しながら塗装を行います。

Tホーム外壁塗装 中塗り

上塗り

塗料をしっかりと使い塗装していきます。下塗り、中塗りを合わせて3回以上塗る事で、仕上がりが綺麗になります。

Tホーム外壁塗装 上塗り

破風板

破風板は「風を破る板」の名の通り、風から家を守ったり、雨の吹込みを防ぐ役目があります。
逆に言えば、家を守る役目があるからこそ風や雨がよく当たり、痛みやすい場所とも言えるでしょう。

破風板が痛んで少し剥がれる程度であればよくある事なのですが、破風板がひび割れていたり欠けてしまうと塗装よりも割高な「板金巻き付け」が必要になってしまったり、下地までが痛んでしまうと「下地の交換」までが必要になり、何倍も費用がかかってしまいます。
当社でも板金巻き付けや下地の交換をする事は出来ますが、出来る限り痛みが進む前に塗装をする事をお勧めさせて頂きます。

下記では、当社での塗装時の流れを記載させて頂きます。

Tホーム外壁塗装 破風板

下地処理

ケレン作業
塗装をする前にペーパーでやすりがけを行い、古い塗膜を落とし、塗料の密着性を良くします。

Tホーム外壁塗装 ケレン作業

プライマー塗布

破風板の継ぎ目にはコーキングを打ち込みます。
コーキングを打ち込む前に下地処理としてプライマーを塗布します。
プライマーを塗布する事でコーキングの付きが良くなります。

Tホーム外壁塗装 プライマー塗布

継ぎ目コーキング

オートンイクシード
破風板の継ぎ目にコーキングを打ち込みます。

ホームセンターなどで購入できる一般的なコーキング材では耐久年数が5年程度しかありませんが、当社で使用するオートンイクシードというコーキング材は約20年の耐久年数があり、目地にもこちらのコーキング材を使用していきます。

Tホーム外壁塗装 コーキング打ち込み

へらならし

コーキングを打ち込んだ後は表面が均等になるように、へらでならして仕上げます。

Tホーム外壁塗装 手直し

下塗り

塗料をしっかりとつけて下塗りをします。

Tホーム外壁塗装 下塗り

中塗り&上塗り

中塗りではムラや透けのないように確認しながら塗装を行い、上塗りでは塗料をしっかりと使い塗装していきます。下塗り、中塗りを合わせて3回以上塗る事で、仕上がりが綺麗になります。

Tホーム外壁塗装 中塗り上塗り

水切り

水切りは雨水等が窓枠の下面をつたって壁面を汚さない為、室内への水の侵入を防ぐ為に設置されており、主に建物と基礎の間の隙間に設置されています。
水切りは金属製のものが多いため、経年劣化とともに錆が発生します。
錆が発生したからと言って水切りの機能が大幅に損なわれるわけではありませんが、発生した錆は簡単に他の場所に移ってしまうので、出来る限り錆びる前に塗装をしておきたい部分と言えるでしょう。
当社では、4工程3回塗りでしっかりと水切りの塗装を行っていきます。

Tホーム外壁塗装 水切り

下地処理

ケレン作業
塗装をする前にペーパーでやすりがけを行い、古い塗膜を落とし、塗料の密着性を良くします。

Tホーム外壁塗装 ケレン作業

下塗り

錆止め
水切りの寿命を伸ばすため、下塗りには錆止めを使用します。

Tホーム外壁塗装 錆止め

中塗り

ムラや透けのないように確認しながら塗装を行います。

Tホーム外壁塗装 中塗り

上塗り

塗料をしっかりと使い塗装していきます。下塗り、中塗りを合わせて3回以上塗る事で、仕上がりが綺麗になります。

Tホーム外壁塗装 上塗り

換気フード

換気フードは水切り同様金属製のものが多いため、経年劣化とともに錆が発生します。
換気フードは家の高いところに設置されているので錆が移って外壁が汚れてしまう可能性があり、やはり錆びる前に塗装をしておきたい箇所です。

以下に当社での換気フードの塗装の流れを記載させて頂きます。

Tホーム外壁塗装 換気フード

下地処理

ケレン作業
塗装をする前にペーパーでやすりがけを行い、古い塗膜を落とし、塗料の密着性を良くします。

Tホーム外壁塗装 ケレン作業

下塗り

錆止め
鉄部は錆を防ぐため、下塗りには錆止めを使用します。

Tホーム外壁塗装 錆止め

中塗り

ムラや透けのないように確認しながら塗装を行います。

Tホーム外壁塗装 中塗り

上塗り

塗料をしっかりと使い塗装していきます。下塗り、中塗りを合わせて3回以上塗る事で、仕上がりが綺麗になります。

Tホーム外壁塗装 上塗り

シャッターボックス

シャッターボックスの多くはスチール製のため、放置すると錆が発生します。
錆びて穴が開いてしまった場合は交換が必要になり、費用が大幅に増加するので、錆びる前に塗装をする事をお勧め致します。

ちなみに、シャッターボックスの中身となる表面部分を塗装をしてしまうと、厚みがつくことでシャッターの開け閉めが出来ず、壊れてしまう可能性があります。
それに、開け閉めする事で塗膜が剥がれてしまうので、中身となる表面部分の塗装はお勧めしません。

以下に、シャッターボックス上部の塗装の流れを記載させて頂きます。

Tホーム外壁塗装 シャッターボックス

下地処理

ケレン作業
塗装をする前にペーパーでやすりがけを行い、古い塗膜を落とし、塗料の密着性を良くします。

Tホーム外壁塗装 ケレン作業

下塗り

錆止め
鉄部は錆を防ぐため、下塗りには錆止めを使用します。

Tホーム外壁塗装 錆止め

中塗り

ムラや透けのないように確認しながら塗装を行います。

Tホーム外壁塗装 中塗り

上塗り

塗料をしっかりと使い塗装していきます。下塗り、中塗りを合わせて3回以上塗る事で、仕上がりが綺麗になります。

Tホーム外壁塗装 上塗り

雨戸

雨戸は、窓ガラスの保護や、防犯設備としての役割を担っています。
鉄製の雨戸は錆が発生するので、塗装する必要があるでしょう。
錆が酷くなり破損すると交換する必要が出てきますが、雨戸を交換する場合は1箇所につき数万円にもなってしまい、塗装と比べて非常に高額になります。
出来る限り痛みが進む前に塗装をする事をお勧めさせて頂きます。

以下に、当社での塗装時の流れを記載させて頂きます。

Tホーム外壁塗装 雨戸

下地処理

ケレン作業
塗装をする前にペーパーでやすりがけを行い、古い塗膜を落とし、塗料の密着性を良くします。

Tホーム外壁塗装 ケレン作業

下塗り

錆止め
鉄部は錆を防ぐため、下塗りには錆止めを使用します。

Tホーム外壁塗装 錆止め

中塗り

ムラや透けのないように確認しながら塗装を行います。

Tホーム外壁塗装 中塗り

上塗り

塗料をしっかりと使い塗装していきます。下塗り、中塗りを合わせて3回以上塗る事で、仕上がりが綺麗になります。

Tホーム外壁塗装 上塗り

霧除

霧除(きりよけ)は、霧や雨が入り込まないよう、出入り口や窓などの上部に設ける小さな庇(ひさし)の事です。
鉄製の霧除は錆が発生するので、塗装する必要があります。
錆が酷くなり破損すると交換する必要が出てきますので、出来る限り痛みが進む前に塗装をする事をお勧めさせて頂きます。

以下に、当社での塗装時の流れを記載させて頂きます。

Tホーム外壁塗装 霧除

下地処理

ケレン作業
塗装をする前にペーパーでやすりがけを行い、古い塗膜を落とし、塗料の密着性を良くします。

Tホーム外壁塗装 ケレン作業

下塗り

錆止め
鉄部は錆を防ぐため、下塗りには錆止めを使用します。

Tホーム外壁塗装 錆止め

中塗り

ムラや透けのないように確認しながら塗装を行います。

Tホーム外壁塗装 中塗り

上塗り

塗料をしっかりと使い塗装していきます。下塗り、中塗りを合わせて3回以上塗る事で、仕上がりが綺麗になります。

Tホーム外壁塗装 上塗り

雨樋

雨樋は、塗装をしたからといって不具合が直る事は無く、塗装する理由はほぼ美観のためだと言えるでしょう。
雨樋はポリ塩化ビニル(以下塩ビ)素材の物が多いです。
塩ビ素材は塗料の食いつきが良いので塗装も簡単に行えます。

ですが、塗装したばかりの綺麗な家なのに、なぜか雨樋だけが塗装されずに汚れているという家をよく見かけるので、見ていて非常に残念な気持ちになります。

当社では雨樋に関しては3工程2回塗りで施工します。

Tホーム外壁塗装 霧除

下地処理

ケレン作業
塗装をする前にペーパーでやすりがけを行い、古い塗膜を落とし、塗料の密着性を良くします。

Tホーム外壁塗装 ケレン作業

下塗り

ムラや透けのないように確認しながら塗装を行います。

Tホーム外壁塗装 下塗り

上塗り

塗料をしっかりと使い塗装していきます。

美観のために塗装を行う雨樋の塗装は、1回塗りより2回塗りの方が綺麗に仕上がりますが、3回塗り以上でも良い効果が認められないため、ケレン、下塗り、上塗りの3工程2回塗りで完了となります。

Tホーム外壁塗装 上塗り

軒天

軒天は、屋根の裏にある天井を指したり、ベランダや軒先の裏側にある天井の事を言います。
軒天は雨も紫外線も当たりにくいため劣化しにくい箇所です。
塗装工程は、多くの場合は3工程2回塗りで施工させて頂きます。
劣化しにくく、塗装工程も少なく、範囲も大きく無いため、軒天は他の塗装部位よりは手間がかかりにくいと言えるでしょう。

ですが、軒天には雨水が入ることは想定されていない作りとなっているため、ベランダや屋根から雨水が入り込んでしまった時の劣化スピードは著しく、早めに対処しないと軒天が腐ってしまいます。
軒天が腐ってしまうと大掛かりな工事が必要になってしまい、非常に厄介な事になってしまうため、注意が必要な部位でもあります。

以下に、当社での塗装時の流れを記載させて頂きます。

Tホーム外壁塗装 軒天

下地処理

ケレン作業
塗装をする前にペーパーでやすりがけを行い、古い塗膜を落とし、塗料の密着性を良くします。

ちなみに、軒天の塗装をDIYでやる事は、あまりお勧めしません。
上ばかり見る事になり危険なので、業者に頼んでしっかりと足場を組む事をお勧め致します。

Tホーム外壁塗装 ケレン作業

下塗り

ムラや透けのないように確認しながら塗装を行います。

Tホーム外壁塗装 下塗り

上塗り

塗料をしっかりと使い塗装していきます。
軒天は塗料の食いつきの良い箇所なため、多くの場合2回塗りで施工させて頂きます。

Tホーム外壁塗装 上塗り

ベランダ防水

ベランダの床は、紫外線や雨の影響を受けるため、定期的な補修や防水工事が必要です。
ベランダの床の防水性が失われると、水が内部へ浸入し、ベランダ裏の軒天が劣化したり、柱や骨組みなどが錆や腐食が発生したり、場合によっては雨漏りする可能性があります。
外壁や屋根の塗装と一緒に、ベランダの防水対策をする事をオススメします。
当社では、ベランダ防水にも拘った工事の提案をさせて頂きます。

Tホーム外壁塗装 ベランダ防水

ケレン作業

サンダーケレン
表面の凹凸を無くすためにサンダーケレンを使用します。
サンダーケレンを使う事で、塗料の付着力を高める効果があり、既存の汚れの除去する事も出来ます。
塗膜の劣化があるベランダには、特にオススメしたい工程です。

Tホーム外壁塗装 サンダーケレン

溶剤拭き取り

アセトン拭き
アセトンを使用し、表面のワックス成分を拭き取ります。
この工程はベランダ防水の工程の中でも特に重要で、ワックス成分を拭き取らないと、塗料が剥がれてしまう原因になります。

Tホーム外壁塗装 溶剤拭き

プライマー塗布

防水塗料を塗る前にプライマーを塗布します。
プライマーを塗布する事で、防水塗料の付きが良くなります。

Tホーム外壁塗装 プライマー塗布

トップコート

トップコートとは、つやを出すために、塗装の表面に塗るコーティング材の事で、仕上がった塗膜の保護の機能があります。
紫外線や摩耗に強い樹脂を仕上げ材として使い、最後に、ムラ、塗り残しの確認をしてベランダ防水工事の完了です。

Tホーム外壁塗装 トップコート

エアコンホースカバー

エアコンホースカバーは基本的に塗装します。
カバーが紫外線で劣化して色あせますが、塗ることによって防水機能がつき水を弾きます。
ですが、カバーが新しいと塗装をしない場合があります。

外壁塗装をする際に、エアコンホースカバーを外すか、外さないか、これは業者によって見解が違います。

結論から言えば、カバーを外してから塗装した方が、塗り残し無く塗装が出来ます。
当社では、基本的にエアコンホースカバーを外してから塗装します。

Tホーム外壁塗装 エアコンホースカバー

取り外し

取り外し可能な場合はエアコンホースカバーを取り外してから塗装を行います。
外す事でカバーが破損してしまいそうだったり、構造上外せない場合は、エアコンホースカバーをマスキングで覆い隠してから外壁を塗装します。

Tホーム外壁塗装 取り外し

塗装

エアコンホースカバーを外す事で、塗り残し無く外壁を塗装する事が可能です。

Tホーム外壁塗装 塗装

取り付け

外壁塗装が終了したら、外したエアコンホースカバーを取り付け直します。
エアコンホースカバーを取り外さないで塗装しようとすると、塗り残しが発生する可能性が高まりますので、外壁塗装を業者に依頼する際は、できる限りエアコンホースカバーを外す提案をする業者に依頼する事をオススメ致します。

Tホーム外壁塗装 取り付け

その他

外壁の塗装をすると、外観が綺麗になります。
ですが、塗装しなかった家の周りの劣化が目立ってしまう可能性があります。
例としては、ポストなどですね。

ご希望があれば、外壁と関係の無い部分も塗装させて頂きますが、塗装可能な素材、塗装が難しい素材がある事をご了承下さい。

Tホーム外壁塗装 ポスト塗装

ポストのような面積の小さい物であれば、外壁塗装時に余った塗料で、サービスで塗装させて頂きます。

Tホーム外壁塗装 ポスト塗装

PageTop

株式会社Tホーム
Mail