横浜の外壁塗装ならお任せ下さい。

株式会社Tホーム
  • 営業時間 9時〜18時(定休日:火曜) 0120-000-381
  • トップ
  • メールは24時間受付 お問合せフォーム

横浜の外壁塗装【ポイントとFAQ】

私たちは横浜の外壁塗装・屋根工事の専門会社として、年間で約400棟の施工実績があります。
豊富な実績だけでは信用と直結しないかもしれませんが、当社には一級塗装技能士が在籍していて、国土交通大臣認定の住宅瑕疵担保責任保険登録施工店でもあることから、高い技術で安心の施行をお届けしています。
腕利きの職人が、全ての現場で一切の妥協を許さず、ひと工程を大事に満足いく工事を提供することをお約束いたします。
横浜市を中心として、川崎や藤沢や茅ヶ崎などの神奈川県全域と都内でも数多くの工事を行っています。

横浜の外壁塗装

まずは現地に伺い、丁寧に外壁や屋根の状態を確認して、信頼していただくためにお客様にも分かりやすい詳細なお見積書を作成します。
完全自社施工管理で全ての現場を任せてもらっているため、余計な中間マージンが発生することなく、費用面でも満足いただけるようになっています。
株式会社Tホームでは、お客様に納得していただけない限り足場を解体することなく、工事中でも工事完了後でも少しでも気になる部分があれば丁寧に対応します。
施工には絶対の自信をもっていますが、そのうえで最長15年の保証を設けていて、アフターフォローも体制も万全なので、どうぞ安心して外壁塗装・屋根工事をお任せください。
  1. 外壁塗装の必要性とは
  2. 横浜で一級塗装技能士が在籍する外壁塗装業者とは?
  3. 外壁塗装とは?
  4. 初めて外壁塗装をするときに注意すべき点を紹介
  5. マイホームの外壁塗装が初めての方
  6. 外壁塗装が初めての方へ
  7. 外壁塗装に関することで良くある3つのお悩み
  8. 外壁塗装のタイミングを延ばされたことによる3つのお悩み
  9. 外壁塗装の3つのポイント
  10. 外壁塗装の種類によって耐用年数は違うの?
  11. 外壁塗装工法の種類について
  12. 横浜で発注できる外壁塗装の種類
  13. 横浜を中心に外壁塗装を提供
  14. 横浜の外壁塗装会社の施工対応エリア
  15. 外壁塗装業の対応エリアについて
  16. 外壁塗装を業者に依頼した場合にはどのくらいの費用がかかる?
  17. 横浜の外壁塗装会社の費用に含まれる長期保証のメリット
  18. 横浜で外壁塗装を依頼する際の費用の目安
  19. 外壁塗装を行う前に知っておいた方が良い3つのポイント
  20. 横浜の外壁塗装会社がお勧めな3つのポイント
  21. 横浜市で外壁塗装を依頼する際の3つのポイント
  22. 外壁塗装を依頼する業者によって仕上がりに違いはあるの?
  23. 横浜の外壁塗装会社が選ばれる他社との違い
  24. 横浜市の外壁塗装の他社との違いとは?
  25. 塗装の仕方に関する相談事例
  26. 横浜の外壁塗装会社への相談事例
  27. 横浜市内で外壁塗装を依頼する際の相談事例
  28. お客様からよくある3つの質問
  29. 横浜の外壁塗装・屋根工事会社へよくある3つの質問
  30. 横浜市で外壁塗装を検討する際によくある3つの質問
  31. 業者を選ぶ際に気をつけることとは
  32. 外壁塗装業者選びの注意点
  33. 横浜市で外壁塗装業者選びをする際の注意
  34. 外壁塗装に関することで知っておきたい用語
  35. 外壁塗装に関する業界用語の解説
  36. 横浜市で外壁塗装を依頼する際に使える業界用語

01外壁塗装の必要性とは

外壁塗装は必要ないと思っている人は意外に多く、たとえサイディングを外壁にしていても、時間が経てば塗装工事が必要になることを把握しておきましょう。
確かに外壁という性質から、目に見えて被害が出ることは少ないため、塗装の必要性に気づいていても、ついつい後回しにしている人も少なくありません。
しかし、塗装工事を含む外壁のメンテナンスは、大切な家を守り長く住むためには欠かすことができないものなのです。
外壁の素材や使用されている塗料にもよりますが、外壁塗装は10年程度で必要となります。外壁塗装は外見を良くするためだけに行うのではなく、最大の目的は家の中に雨水を侵入させないことです。
雨漏りと聞くと屋根だけを想像する方が多いと思いますが、外壁からでも雨漏りは起きます。その原因は外壁や塗料の劣化以外にも飛来物や人為的な何かによって外壁に傷がついたことです。
雨水はわずかな傷からでも侵入して、塗装はサイディングやモルタルの劣化をカバーしますが、経年劣化によりその効果は失われてしまいます。
外壁から雨水が侵入すれば、構造体を腐らせ、そのまま放置しているとどんどんその奥に入り込んで、最悪シロアリの被害にあって、建替えさえもできなくなってしまいます。

02横浜で一級塗装技能士が在籍する外壁塗装業者とは?

建物の外壁の寿命は約10年が平均と言われています。
マイホームをお持ちの方は、リフォームを念頭に置きながらご自宅を維持されていることでしょう。室内であれば大切に扱い、こまめな掃除や手入れで長く使用する事も可能ですが、外壁は紫外線や雨、風の影響を受け、塗装面の劣化が進みます。天候が良くても悪くても外壁にダメージを与えるため、性能を維持することが出来ないのです。
外壁塗装は見た目の美しさ、建物を保護して寿命を延ばす効果の両面で捉える必要があります。メンテナンスを怠れば建物内部まで劣化が生じ、大きな補修工事、場合によっては建て替え工事にまで発展することがあるため侮れません。そのために外壁の専門家による定期的な点検や塗装塗り替えが必須です。
外壁の塗装リフォームを初めて行う場合、業者の選び方に迷うものです。噂で聞くような悪徳業者は絶対避けたいもの。その際チェックするべきなのは技術の高さ、明確な料金設定、施工実績数、アフターサービスの有無などです。
横浜の一級塗装技能士が在籍する外壁塗装業者をご紹介しましょう。国土交通大臣指定の会社であり、技術面、信頼性の高さは折紙付き。年間施工実績400棟を誇り、完成度の高い塗装リフォームと、親切丁寧な対応に定評があります。利用されたお客様のリピート率の高さが全てを物語っているでしょう。

03外壁塗装とは?

ご自宅の外壁塗装はしていますか?
大切なマイホームを長持ちさせるためには、外壁塗装は定期的にするべきだと言われています。
目安としては、10年前後と言われており、長年放置すると雨漏りや外壁のヒビにつながります。
外壁にカビやコケが生えていたり、外壁を触ると白い粉が手についたり、外壁にヒビが入ったり、目地の劣化や色あせが出たら要注意です。
それは外壁塗装のタイミングかもしれません。
ベストなのは、こういった症状が出る前に外壁塗装をすること。
ただもちろん、こういった症状が出ていても、ちゃんと補修することで家を長持ちさせることは可能です。
あなたのマイホームは何年経ちますか?
もし、10年以上経って、まだ一度も外壁塗装をしていないなら…。
ぜひ、外壁塗装を検討してみてくださいね。

04初めて外壁塗装をするときに注意すべき点を紹介

家を建てたときは外壁塗装も施工会社に任せたから、どこに外壁塗装を依頼すれば分からないという方も少なくないようです。
もちろん、家の施行を依頼したハウスメーカーや工務店に再びお願いしても構いませんが、その場合は確実に中間マージンが発生して工事費用が高くなってしまいます。
したがって、新築後のメンテナンスとして外壁塗装を行う場合は、自社施工をしてもらせる請負業者に依頼することがおすすめとなりますが、実は数ある塗装業者の中から本当に良い業者を選択することはとても難しいことです。
横浜にも外壁塗装を専門にしている業者はたくさんありますが、ネット上では完全自社施工と大々的に謳っていても、下請け業者を利用しているところは少なくありません。中には悪徳業者を呼ばれるような会社もあって、手抜き工事をされたうえに高額な請求をされたという事例も数多く確認されています。
外壁塗装をするときには、自分自身でも塗装に関する知識をある程度勉強して、工事前に丁寧に診断と報告をしっかりしてくれる業者を選択してください。

初めて外壁塗装をするときに注意すべき点を紹介

05マイホームの外壁塗装が初めての方

お住いのリフォームというと、キッチンや浴室、トイレや床などをイメージすることが多く、実際に持ち家の方の多くが内装のリフォーム工事経験があるのではないでしょうか。
リフォーム後の便利さやデザイン的な見た目が大きく変わるため、満足度が高く、日々の生活で変化を実感できます。一方、家の外壁は劣化が分かりにくく、実はそんなに関与していないと言う方が多いものです。
「外壁なので汚れやキズは仕方がない」という概念を持たれる方もいることでしょう。外壁の寿命が10年程度と聞いていても高額な塗装リフォームを10年ごとに行う人は少数ではないでしょうか。ところが外壁の寿命は塗料の持つ性能の期限でもあり、お住いの環境によって前後するため、メンテナンスが欠かせないのです。
日々、紫外線や雨風を直に受けている外壁は内装以上に劣化が進み、塗装の性能が機能しなくなると雨の侵入を防ぐことが出来なくなっていきます。
建物を保護している外壁が劣化すると自然災害の影響を受けやすくなりますし、修理程度では済まない場合も起こり得ます。
なかなか認識しづらい箇所ではありますが、ご自身のお住いを守る意識を強く持たれ、外壁塗装のリフォーム計画を持つことが大切でしょう。

マイホームの外壁塗装が初めての方

06外壁塗装が初めての方へ

マイホームの手入れの1つ、外壁塗装。
10年に1度は外壁塗装をしないと、ひび割れが原因でシロアリが発生したり、雨漏りの原因となったりします。
そうなってからでは大変なので、こまめに手入れすることが重要です。
しかし、初めての外壁塗装は、色々とわからないことが多々あるものです。
外壁塗装は、単にデザインを新しくして新鮮な気分を味わう目的だけではなく、外壁塗装で家をコーティングして守るという側面もあります。
自宅に洋服を着せるイメージですね。
外壁塗装は基本的に1年中どのシーズンでも対応できます。
しかし、おすすめの季節は春・秋の過ごしやすいシーズンです。
理由は簡単で、外壁塗装は外の気候に左右されるものだからです。
冬の時期だと、乾燥していたり、地域によっては雪が降ったりするので、塗料が乾くまでに時間がかかります。
一方夏は、窓は全て締め切った状態で、養生テープが貼られるので、室内の気温が高くなるので、敬遠される方もいらっしゃいます。
塗装の期間は、家の大きさにもよりますが、足場の設置から塗装、撤去まで平均すると1週間くらいです。
意外と早いと思われたかもしれませんが、屋根の塗装まで含めるともう1週間くらいプラスでかかるケースが多いようです。
初めての場合は、色々と不安なことも多いと思うので、細かいところまでしっかりと聞くようにしましょう。

外壁塗装が初めての方へ

07外壁塗装に関することで良くある3つのお悩み

1.外壁塗装の見積りは概算でも大丈夫?
外壁塗装の正確な工事金額は、しっかり現場を確認して細部まで確認しないと出すことはできません。
したがって、電話などで伝えられた概算の金額は、あくまでもおおよその工事費なので、鵜呑みにしない方が良く、それだけで工事をはじめようとする業者には注意しなくてはいけません。
優良な塗装業者は現場に来て詳細に状況を確認して、無料で見積書を提出してくれます。

2.相見積りはした方がいい?
信頼できる業者を見つけたから相見積りは必要ないし、それをすること自体が失礼と考えている方も多いようですが、相見積りを取ることは悪いことではありません。
それに、腕にも価格にも自信がある業者であれば、相見積りを歓迎してくれると思います。
相見積りをされるのを極端に嫌がる業者には、気を付けた方がいいかもしれません。

3.工事保証がついていれば大丈夫?
何かあった場合に、工事保証がついていれば大丈夫と思っている方も少なくないようですが、外壁塗装の保証で対象になるのは外壁塗膜の剥がれだけというケースがほとんどです。
したがって、完璧な保証を求めるならどこまで保証がカバーされているかを事前に確認してください。

08 外壁塗装のタイミングを延ばされたことによる3つのお悩み

外壁塗装はお住いのリフォーム工事の一つであり、住宅を保護する上でも重要な外壁のメンテナンスです。よほど目立つ劣化が見受けられないうちはリフォームへの意識を持ちにくく、費用のかかるリフォームなので先延ばしにされる方もいるようです。
外壁塗装のタイミングを延ばしてしまったことでトラブルが起こった方のお悩みから3つをご紹介します。

1.同じ箇所から雨漏りが起こる

2.手で触るとチョークのような粉が手に着いたので業者に調査してもらうと、壁の劣化を指摘され高い修繕費用がかかった

3.元々中古の家で築年数が古かったこともあり、内部の構造体にも影響が出ていると言われた


外壁塗装は塗料の性能によって耐久性や防水性を高める効果があります。機能性の高い塗料であれば断熱効果や遮熱効果、セルフクリーニング効果なども発揮し、自然現象をプラスにする働きを持つ機能も持ち合わせています。これらの性能には耐用年数があり、状態にあった対応を適時行うことで劣化を防ぐことができ、その目安は10年と言われています。塗装メンテナンスを怠ってしまうと機能していない状態の外壁に容赦なくダメージが重ねられ、内部構造にまで影響すると住宅の倒壊を招く恐れもあります。
建物の維持管理として外壁塗装は必要不可欠と言う認識でメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

09外壁塗装の3つのポイント

自宅の外壁塗装が必要だという話は聞いたことがあるかもしれません。
しかし、なぜ必要なのかを理解していないため、ずっと塗装をしないまま数年放置…。
なんて話をよく聞くことも事実です。
今回は、外壁塗装がなぜ必要なのか?3つのポイントをお伝えします。

1.防水性の復活
まず、最大の目的と言っても良い外壁塗装の役割は、防水性の復活です。
言うまでもなく、外壁というのは365日雨風にさらされています。
もちろん、外壁自体が雨風を凌いでくれるわけですが、外壁をしっかりと塗装することで、外壁の上にコーティングをするイメージです。
年数が経つと塗装が剥がれていき、ダイレクトに外壁に雨風が当たってしまい、そこから劣化が始まってひび割れや雨漏りの原因となったりします。

2.自宅の強度の回復
防水性とリンクする話ですが、落ちかけた塗装をしっかりと塗り直すことで、自宅の強度が高まります。
イメージで言うと、外壁の上に何層ものバリアが張られているみたいなものです。
これができるようになると、雨風はもちろん、紫外線からも自宅を守ってくれます。

3.見た目を美しくする
最後は、見た目です。
外壁塗装をすると、塗料の色合いにより見た目の印象がぐっと変わります。
また、今まで汚れていた壁をきれいにしてくれるので、まるで新築のような見た目になることもあります。

10外壁塗装の種類によって耐用年数は違うの?

外壁塗装の種類によって耐用年数は違うの?

外壁塗装に使用される塗料にはさまざまな種類があって、以前はなかった新しい高品質の塗料も増えています。
外壁塗装の耐用年数は、使用する塗料の他にも建物の外壁材や工事をする職人の腕や施工の仕方によっても大きく変わるようです。
外壁塗装に使用される塗料にはグレードがあって、たとえばフッ素塗料やシリコン塗料などの上位グレードの塗料であれば、雨水や紫外線などに対抗する対候性がかなり高い分耐用年数が高くなります。
シリコン塗装であれば10〜15年程度、フッ素塗料は約15〜20年程度となっています。たとえ同じグレードの塗料を使用しても、外壁材との相性が良くないと耐用年数は短くなってしまい、相性が良ければ耐用年数は長くなります。
どんなにグレードの高い塗料を選択して、外壁材と相性の良いものを選んだとしても施工ルールをしっかり守らなければ一般的に目安とされている塗料の耐用年数よりも大幅に寿命は短くなってしまいます。
塗料を何回塗り重ねるかも重要なポイントで、それ以外にも旧塗料を剥がすケレンと呼ばれる作業や高圧洗浄などの必要な作業を怠ると、思うような結果にはなりません。

11外壁塗装工法の種類について

外壁塗装では塗料についてフォーカスされることが多いのですが、塗装工法の基礎的な情報を知っていると外壁塗装を依頼する際に役立ちます。
同じ塗料を使用しても塗装の工法により工期や費用、耐久性が異なるため、塗料に適した塗装工法を選ぶことがポイントになります。
外壁塗装の3種類の工法を見ていきましょう。
塗装工法の種類
・刷毛工法
刷毛は細かい部分の塗装をする際に不可欠であり、外壁塗装で最も多く採用されている日本の伝統的な工法です。動物や化学繊維の毛を素材とする複数の刷毛を塗装する場所や、形状に合わせて使い分けます。
塗れる面が小さいため広い面には不向きです。
・ローラー工法
コロコロと動かしながら塗装をする道具です。長く広い面を一気にムラなく塗装するのに役立ちます。
塗料の飛び散りがほとんどないため、接近している住宅街での施行にも適しています。
・吹き付け工法
塗料を噴射出来るスプレーガンと呼ばれる道具に入れ、霧状にして外壁に吹き付ける方法です。複雑な模様も綺麗に表現でき、重厚感のある仕上り、補修跡が分かりにくいなどのメリットがあります。また、ローラー工法と同じく、広い面を一気に塗装できる効率性がある反面、塗料の飛び散りや凹凸がある部分の塗り残しが発生しやすいことから、養生に手間と時間を要します。
塗装業者を選ぶ際は、職人の技術力や施工実績を確認し、数社から相見積もりを取って検討するのが確実です。

12横浜で発注できる外壁塗装の種類

横浜で発注できる外壁塗装の種類

外壁塗装にも、様々な種類があります。
廉価なものであればアクリル塗装があります。メーカーも積極的に製品展開をしていて、対応できる色彩が多いのが特徴です。値段も安く、ホームセンターでも売られていて誰でも塗ることができます。しかし、耐久性はあまり高くなく、10年程度での塗替えが必要になります。
シリコン塗料も、外壁塗装では人気の塗料です。アクリル塗料に比べると値段は上がるのですが、その分耐久性も上がるので20年前後は塗り替えの必要性はなくなります。
さらに上級な塗料を検討するのであれば、光触媒塗料をおすすめします。光触媒塗装は他の塗料とは違い、セルフクリーニング機能を有していて、太陽光と雨を利用し、表面についた汚れを自動的に落とすことが可能なのです。
価格はシリコン塗料よりも上がりますが、20年を超えても塗りたてのパリッとした発色を維持できるとして、人気があります。
ただし、万能に見える光触媒塗料にも弱点はあります。それは、日当たりのよくない面だと機能を十分に発揮できない点です。こうした面にはアクリルやシリコン塗料との使い分けを検討することが賢い方法と言えます

13横浜を中心に外壁塗装を提供

横浜市戸塚区と西区に拠点を構え、横浜を中心に外壁塗装、屋根工事を提供しています。
横浜市は、戸塚区と西区を含む18行政区から構成されています。横浜と一口で言っても表情が異なる多くのエリアがあって、18区それぞれにいろいろな特徴があります。
長い間住みたい街として常に上位に位置する横浜は、日本でもトップレベルの国際都市です。ただし、このイメージは西区のみなとみらいエリアから中区の山下公園や山手周辺に象徴されていて、その他の区は全く違った趣をもっています。
横浜は東京のベットタウンとしても昔から栄えてきましたが、東京にも隣接している市の北部に位置する青葉区では、東京へのアクセスが良く、東京の企業で働くサラリーマンも多いことから、横浜都民とも呼ばれています。
横浜に昔から住む生粋の横浜市民は、自分たちのことを「ハマっ子」と称してそのこともプライドをもっていますが、青葉区に移り住んできた人たちにはそういう自覚は一切ないようです。
横浜では旭区や泉区も東京へのアクセスが良く、東京から移住してくる方も多くなっていて、特に新型コロナウィルス感染症が騒がれるようになりテレワークが推進されるようになってからは、横浜へ移り住む人が増えているみたいです。

14横浜の外壁塗装会社の施工対応エリア

横浜本社の外壁塗装・屋根リフォーム会社ではお客様のお住いに合わせ選んで頂ける様々な施工メニューをご用意しています。
お家の「健康状態」をチェックする住まいの無料診断を実施していますので、住まわれてから10年を経過している方や、これまでに一度も屋根や外壁塗装リフォームをされたことがない方は専門家の診断を受けられてはいかがでしょうか。問題なければ安心ですし、劣化が見られれば早めに修理するなど対策が取れます。
こちらの会社の施工対応エリアは以下のようになります。

(施工対応エリア)
●東京都
23区全域、稲城市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、調布市、立川市、多摩市、西多摩郡瑞穂町、西東京市、東久留米市、東村山市、東大和市、府中市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市

●千葉県
我孫子市、市川市、印西市、浦安市、柏市、鎌ヶ谷市、佐倉市、白井市、千葉市(稲毛区/中央区/花見川区/美浜区/若葉区/緑区)、流山市、習志野市、船橋市、松戸市、八千代市、四街道市

●神奈川県
綾瀬市、川崎市(麻生区/川崎区/幸区/高津区/多摩区/中原区/宮前区)、相模原市(中央区/南区)
座間市、横浜市(青葉区/旭区/磯子区/神奈川区/港南区/港北区/瀬谷区/都筑区/鶴見区/中区/西区/保土ヶ谷区/緑区/南区)、大和市

●埼玉県
上尾市、朝霧市、入間市、川口市、越谷市、さいたま市(岩槻区/浦和区/大宮区/北区/桜区/中央区/西区/緑区/南区/見沼区)、狭山市、志木市、草加市、所沢市、戸田市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三郷市、八潮市、和光市、蕨市

15外壁塗装業の対応エリアについて

外壁塗装業に対応エリアの制限はありません。全国各地で外壁塗装業者が活躍しています。

横浜市であれば、市内に多くの外壁塗装業者が存在します。まずはインターネット上でお住まいのエリアにある業者を検索してみましょう。その上で、クチコミや近所での評判を収集しながら発注業者を選定していきます。

優良業者というのは、得てして情報公開への対応に優れています。ホームページ上には目安の価格から発注のプロセス、追加可能なオプションなどが並んでいます。Q&A も充実していれば、あなたの感じる疑問にすでに先回りした回答があるかもしれません。

最終的な業者選定の前には、類似業者で相見積もりを取ることをおすすめします。相見積もりとは複数の業者から見積を取り寄せ、その中身を比較検討し発注業者を決定する作業のことです。この際、価格を重視される方が多いですが、こと塗装作業に関しては金額だけで評価できるものではありません。見積もりの中の内訳やアフターサービスの質でも業者間の差を見極めることが重要です。

お住まいのエリアで、あなたの要望にピッタリの業者をぜひ見つけてみてください。

16外壁塗装を業者に依頼した場合にはどのくらいの費用がかかる?

外壁塗装を業者に依頼した場合にかかる工事費は、依頼する業者や工事の内容や使用する塗料によっても大きくことなりますが、工事費の相場は建坪によって、20坪なら40〜90万円、30坪なら60〜100万円、40坪なら80〜130万円、50坪なら90〜160万円、60坪なら120〜200万円程度を目安にすれば良いでしょう。
外壁塗装を専門業者に依頼する場合は、複数社から相見積りをとって、その内訳を比較してみることをおすすめします。
具体的に外壁塗装にはどのような費用がかかっていて、それぞれの金額を比較し確認することで、どこに依頼すべきかが見えてくるでしょう。
もしも見積書にきちんとした工事内容の内訳がなく「外壁塗装工事一式」などと書かれていた場合は、そのような業者は信用できないと考えた方が良いと思います。
見積書の内訳には、主に塗料や養生にかかる費用などの材料費、足場代、人件費、その他の運営費などが書かれています。

外壁塗装を業者に依頼した場合にはどのくらいの費用がかかる?

それぞれの目安として、材料費は費用全体の2割程度、足場代も2割程度、人件費は3割程度、その他の運営費で3割程度が目安いとなるので、これらを参考に依頼先を決めると良いでしょう。

17横浜の外壁塗装会社の費用に含まれる長期保証のメリット

塗装業者の価値を高める最も重要なポイントは、実際に現場で施工を行う職人の技術と言われます。多くの経験と知識を積んだ職人や、各種工事に必要な資格を所有した職人が在籍しているか。その情報を分かりやすくお客様目線で案内しているホームページや会社案内は、優良な会社であるかの判断材料になるでしょう。「人は宝」という言葉があるように、自社のスタッフを正式に紹介する姿勢は仕事への忠実さの証でもあります。
アステックペイント社の全国受注アップコンペにて、2020年に続き2021年度も一位を受賞した塗装会社が横浜にあります。690社の中で選ばれた実力は言うまでもないでしょう。
お住いの調査から、お見積り、施工手配から工事、アフターフォローまで全てを自社施工しています。最長15年の長期保証を設けているのは施工に自信があるからこそと自負される技術力を誇ります。これだけの長期保証がある会社は大変珍しいため、費用対効果が高いと言えるのではないでしょうか。

横浜の外壁塗装会社の費用に含まれる長期保証のメリット

外壁塗装工事の施工費用は通常、建物の面積や塗料、近隣周辺の立地状況などで変わります。お客様から信頼頂けるために、どの会社よりも詳しいお見積り書を作成し、詳細について丁寧に説明をされます。
初めて外壁塗装のリフォームをされる方にも分かりやすく、お住いがより長く、キレイで安全に維持できる施工方法を提案してくれるお勧めの会社です。

18横浜で外壁塗装を依頼する際の費用の目安

外壁塗装の際、やはり気になるのは費用の目安でしょう。一言に外壁塗装と言っても、実は様々な種類があります。比較的安価なアクリル塗装を始め、ウレタン塗装やシリコン塗装、セルフクリーニング機能のある光触媒塗料などバリエーションが豊富です。
塗装を依頼したい時は、専門業者を選ぶ前に、まずはどういった塗装が貴社のオフィスやご自宅の雰囲気にマッチするか1度考えてみることをおすすめします。色・耐久性・質感など、サンプルも同時に確認して検討しましょう。採用する塗料と工法によって、材料費・施工費は異なります。
では専門業者を選ぶ際の基準にはどんな物があるのでしょうか。外壁塗装であれば、対応可能な「塗料の種類と色の数」「施工の丁寧さ」「情報の発信力」はぜひチェックしたいところです。こうしたポイントは専門業者のホームページで確認できます。マメな業者であれば更新頻度は高いですし、取り扱いメーカーの詳細も解説しています。

横浜で外壁塗装を依頼する際の費用の目安

施工例など写真が多ければ、信頼感も大きくなりますね。
最初から費用ありきで専門業者を探してしまうと、仕上げが悪く、頻繁に塗り替える必要に迫られます。結果的にコストが高く付くなど本末転倒な結果になりかねないので要注意です。

19外壁塗装を行う前に知っておいた方が良い3つのポイント

01どのような外壁材が使用されているかを知る

家の外壁には大きく分けるとモルタルとサイディングのいずれかが使用されていて、さらにその中にはさまざまな素材が用いられています。
外壁の種類によって塗装工事の方法も異なり、掛かる費用も変わってくるので、外壁塗装を行う前には自分の家の外壁の種類について学ぶことをおすすめします。
そうすることにより、業者選びもスムーズにできる可能性が高まります。

02塗料の種類についても勉強しよう

外壁塗装にはさまざまな種類の塗料が使われます。使用する塗料によって費用や耐用年数が変わってくるので、どの塗料を使用するかはとても大事なポイントです。
一般的に単価の安い塗料は耐用年数も短くなり、単価の高い塗料は耐用年数が長くなるので、あと何年家に住むかによっても、選ぶべき塗料は変わってきます。費用と耐用年数のバランスをとって使用する塗料を選びましょう。

03塗装方法も勉強しておこう

外壁塗装にも刷毛工法、ローラー工法、吹き付け工法などいろいろな方法があって、それぞれ特徴や適した箇所などが異なります。
また、塗装を何度行うかによっても費用が大きく変わってきますし、耐用年数も異なるため、その点を事前に確認したうで工事を発注してください。
外壁塗装を行う業者の中には手抜き工事をする悪徳業者もいるので、十分な注意が必要です。

20横浜の外壁塗装会社がお勧めな3つのポイント

建物の外壁に劣化が見られるとお住いの価値がぐんと下がって見えます。塗装剥がれやヒビ、カビやコケが見られるようになると劣化が進行していると想定できます。日々暮らしていると少しずつの変化に気づきにくいものですが、外壁の定期的な塗装時期と言われる10年前後を目安に、専門業者に点検を相談され状態を把握するのが賢明です。関東にお住いの方にお勧めなのが横浜に本社を構える外壁・屋根塗装のリフォーム会社です。
こちらの会社をお勧めする3つのポイントを挙げてみましょう。

01一級塗装技能士が在籍する確かな技術力

一級の技術力が評価され、2021年度のアステック受注アップコンペで全国施工実績一位を受賞しています。

02長期工事保証

最長15年の長期保証を設けており、工事完了後のお付き合いも大切にしています。屋根カバー工法、屋根葺き替え工事を依頼した場合、国土交通大臣指定、住宅瑕疵担保責任保険登録店であるため、工事後5年以内に雨漏りが発生した場合、契約金額の最大満額が保証されます。

03妥協のない工事内容

工事前にお家全体を細かく調査します。外壁塗装の場合、塗装前の洗浄や補修工事を入念に行い、塗装の仕上がりの良さ、雨漏りなどの浸水の原因を断ち切ります。
雨樋や軒天、破風板、水切りなどの付帯部分もキレイに塗装を行うことでリフォームの仕上がりが格段に美しくなります。

21横浜市で外壁塗装を依頼する際の3つのポイント

01希望する塗料を決めましょう

使われる塗料には様々な種類があります。近年人気を集めているのは、光触媒塗装です。セルフクリーニング効果があるため、比較的汚れにくく長持ちします。ただし、日光を利用する機能のため、日当たりの良くない壁には適していません。一般的に広く使われているウレタン塗料は、価格を安く抑えることができますが、耐久年数は10年以内と考えられています。対してシリコン塗料は、ウレタン塗料よりも値が張りますが、その分耐久年数も上がり、15年程度まで期待できます。

02塗装の時期を決めましょう

外壁塗装は屋外での作業なので、春と秋の気候の安定している期間がおすすめです。冬にはお住まいの地域によっては降雪・積雪が考えられます。夏場の作業中に窓を開けることはできないので、夏を選ぶ場合はエアコンの使用が必須でしょう。梅雨はやはり避ける方が多いですが、この時期だけの割引をしている業者もあるため、お得に済ませたい方は相談してみるのも良いでしょう。

03最適な業者を選びましょう

ホームページの施工例などを見て、評判の良い業者を探しましょう。初めから1社に絞るのではなく、複数社に合い見積もりをお願いするのも賢い方法と言えます。

22外壁塗装を依頼する業者によって仕上がりに違いはあるの?

外壁塗装は、それに使用する塗料や職人の腕によって仕上がりに大きな違いが出る可能性が高い工事です。
塗料に関しては、外壁塗装に使われる塗料にはいくつかの種類があって、それによって耐用年数も仕上がりの見た目も変わってきます。
当然ながら耐用年数が長い塗料は単価が高くなり、仕上がりも良く見える傾向にあります。ただし、高品質の塗料を使用すれば良いということではなく、外壁塗装は塗装を行う回数によっても耐用年数が大きく変わってきます。
一見して何度塗り重ねているかを判断することは難しいですが、1回よりも二度、三度と塗重ねていくほどの耐久性はアップします。
この業界に悪徳業者も少なくなく、そのような業者は本来は最低3度塗りをしなければいけないのに、1回塗りなどの手抜き工事を平気で行います。そうすることで使用する塗料の量も抑えられ、職人の手間代も安くできるので、業者側の利益が多くなるという仕組みです。
しかし、1度塗りの外壁は耐用年数が極端に下がり、本来は10年持つと言われているので、数年でトラブルが発生する可能性を高めます。
悪徳業者には絶対に騙されてはいけませんが、悪徳業者でなくても腕の良くない職人ばかり揃っている業者に依頼すると同じようなことが起こるので、実績や資格を確認したうえで、信頼できる業者に依頼してください。

23横浜の外壁塗装会社が選ばれる他社との違い

横浜に過去2度のコンペティションで全国施工実績一位を受賞した実績を持つ外壁塗装会社があります。
数多くの外壁塗装会社が参加した中で一位を取ることは簡単ではなく、技術力の高さの証明と言えるでしょう。このような実力に加え、こちらの会社が選ばれる他社との違いをご紹介しましょう。

●独自の技術によ外壁塗料を作る開発力
施工実績が最も多い塗料である「超低汚染リファインSi-IR」を独自の技術により開発。高耐候性、遮熱性を加えた、超低汚染塗料を生み出す開発力にも優れています。

●完全自社施工
下請け業者を利用せず、全てを自社施工管理しています。工事後にお客様確認を行ってしか足場を解体しないシステムで、お客様から気になる箇所の指摘があれば丁寧に対応します。
施工に自信があるからこその最長15年長期保証を設け、お客様に安心・信頼頂ける関係を大切にしています。

●年間施工実績400棟の実績
国土交通大臣指定、住宅瑕疵担保責任保険登録施工店などの認可企業であり、一級塗装技能士が在籍する会社です。豊富な施工実績とお客様満足度の高さが信頼の証と言えます。
東京・千葉県・神奈川県で外壁・屋根塗装リフォーム業者をお探しの方にお勧めの会社です。

24横浜市の外壁塗装の他社との違いとは?

大切なマイホームの外壁塗装をお願いするとき、一番大きな悩みは、「どの業者を選んでいいのかわからない」ことではないでしょうか?
全国に外壁塗装業社はどんどん増えてきています。
実際、外壁塗装業者は横浜市だけでもたくさんあります。
もちろん、そのほとんどは優良な塗装業者だと思いますが、さらにその中から信頼してお願いする場合、他社との違いを探すためには第三者からの評価で選ぶ、という方法があります。
塗装業者の場合、さまざまな評価基準がありますが、他社との違いを探すための1つの基準となるのが、塗料メーカーの表彰を受けているかどうか、です。
全国大手の塗料メーカーである、アステックペイント社が開催する、「全国受注コンペ」というものがありますが、参加全690社の中で表彰を受けている会社は、塗料メーカーから「しっかりとした施工技術があること」を認められているという証になります。
このように、メーカーから表彰を受けていたり、他にも第三者機関から認められている証がある外壁塗装業社に依頼すると、安心して大切な自宅の外壁塗装をお願いできることでしょう。

25塗装の仕方に関する相談事例

塗装の仕方に関する相談事例

外壁塗装を行う方の中には、塗装の仕方に関することで相談してくる人も少なくありません。実は、外壁塗装には主に3つの方法があり、それは「刷毛塗り」「ローラー塗り」「吹き付け塗装」です。
刷毛塗りというのは、その字の通りに刷毛を使用するやり方で、手作業で外壁を塗ることを言い、狭い部分や面積の細かい部分を塗装する際に用いられることが多いです。
ローラー塗りも、その字の通りに専用のローラーを使用して塗装するやり方です。広い面を一気に塗装できる点がメリットで、外壁の塗替え工事では一般的な方法です。
吹き付け塗装は、スプレーガンという専用の道具を使用して塗料を外壁に吹き付けて塗装するやり方で、立体感のある塗装ができる点が特徴です。
この方法は塗料が飛散しやすく音が出ることがデメリットですが、施工が簡単で短時間で完了して、コストが安いところがメリットです。
また、外壁の状態によっては塗装工事以外の選択を迫られる場合もあって、その場合は外壁の張替工事、またはカバー工法で対処しなくてはいけません。張替工事は元の外壁を交換する方法で、カバー工法は古い外壁の上に新しい外壁を上張りする方法です。

26横浜の外壁塗装会社への相談事例

一般の人にとってリフォーム工事の品質を見極めるのは難しいことです。完成するまでのプロセスにどれだけの時間や技術を要するのか、業者による違いも分かりにくいものです。実際に使用し、経過することで初めて気づくこともあるでしょう。だからこそ、業者の見極めは難しく、営業マンの対応や相見積もりによって判断することが多いのではないでしょうか。
横浜に本社を構える外壁塗装会社は一級塗装技能士が在籍し、技術力の高さと丁寧な対応でお客様評価の高い会社として知られています。こちらの会社への相談事例をご紹介しましょう。

横浜の外壁塗装会社への相談事例

横須賀市にお住いのM様より外壁塗装のご相談を頂きました。過去に他社へ依頼したことがあり、塗装リフォームの経験があるお客様でしたが、住宅が密集している地域で、隣のお住まいとの距離が非常に近いため、足場を立てシートを設置するのも大変だったそうです。色々にトラブルが多く、ご近所へ大変気を使われたことや、職人のふるまいへの不満が残ったそうです、再度お願いしようとは思わなかったとお聞きしました。
弊社は施工実績が豊富にあるため、どのような立地へも対応できる技術と柔軟性を持っております。近接している環境であっても適切に、丁寧に対処しながら安全に塗装リフォームを行います。また、近隣にお住いの方へのご迷惑が極力ないよう配慮し、施工のご説明やご挨拶を欠かしませんので安心してお任せ頂けます。

27横浜市内で外壁塗装を依頼する際の相談事例

横浜市内で外壁塗装を依頼する際の相談事例

外壁塗装を依頼する際の相談事例をご紹介しましょう。
よくある相談に、「自宅の外壁向けにどういった塗料を選べばいいのかよくわからない」というものがあります。
外壁向けの塗料は、多くの企業が開発していて、色も種類も豊富に取り揃えられています。塗装を依頼する際に一番気になるのは価格でしょうが「壁の素材」「ご自宅のある場所の気候」「日当たり」で最適な塗料は異なります。安易に選んでしまうと3年とたたないうちに塗り直しが必要になるケースもあります。信頼できる業者とよく相談して塗料を選定し、塗装を依頼することをおすすめします。
一般的に日当たりがよく風雨にさらされる面の壁が他の面よりも痛みが早くに目立ってきます。外壁の場所に応じて塗料を塗り分けると言ったテクニックも、長くきれいな状態を保つには必要なことです。
ユニークな塗料としては光触媒塗料のようにセルフクリーミング機能を持つ塗料もあります。ただし、これは日陰部分ではうまく機能しません。
こういった塗料それぞれの特徴を理解しているのが外壁塗装専門業者です。インターネットで検索し、お近くの業者とまずはコンタクトをとってみましょう。

28お客様からよくある3つの質問

質問 外壁の劣化を確認する方法とは?
回答 外壁の劣化のサインは、変色や色あせ、ひび割れ、塗装の浮きや剥がれ以外にも、チョーキング、カビやコケなどの発生などで確認することができます。
チョーキングという言葉を聞いたことがないという方も多いと思いますが、これは外壁を手で触ったときに粉状のものが手につく現象で、それがチョークの粉に似ているためそう呼ばれています。
これらの症状が現れていなくても、家を建てる、もしくは前に外壁塗装をしてから10年以上が経過していれば、外壁塗装を行う時期が近づいていると言えます。
質問 外壁の劣化の進行は環境によって異なるって本当?
回答 たとえ同じ塗料を使用しても、建物の外壁は立地環境によって劣化が進みやすい場合もあれば、長持ちすることもあります。
たとえば、常に日が当たっているか日陰かによっても、劣化スピードは異なりますし、道路に面しているかいないかでも劣化の進行は変わってきます。
分かりやすい例では、海が近い地域だと、どうしても塩分は入って風が吹いてきて、塩分は腐食の大きな原因になるため、かなりのスピードで劣化が進んでしまいます。
質問 外壁塗装に掛かる費用の相場は?
回答 外壁塗装に掛かる費用は、使用する塗料やどこに工事を依頼するかで大きく変わりますが、目安としては、30坪の家だと50万円〜、40坪だと70万円〜、50坪なら80万円〜、を目安にして、安く工事をしてもらいたいなら、信頼できる業者を探して料金を比較してみることをおすすめします。

29横浜の外壁塗装・屋根工事会社へよくある3つの質問

一般的な外壁塗装に使用される塗料の平均寿命は10年ほどとされており、生涯での塗装リフォーム回数や費用を概算すると、持ち家の方にとっては大きな費用負担となります。また、他のリフォームと比べ工期が長い外壁塗装は、住宅を足場で囲み、塗料の飛散防止シートで覆うため、煩わしさもあり、ご近所にも気を遣うでしょう。そのような外壁塗装の回数を減らすために塗料の開発が進められ、高耐候性と長い耐用年数が揃った塗料が発表されました。
いち早く自社に取り入れ、施工を行っている横浜の外壁塗装・屋根修理会社に、お客様からよくある3つの質問を伺いました。
質問 以前に塗装を行ってから10年経っていませんが、色褪せやヒビがあります。リフォームの必要があるのでしょうか?
回答 外壁メンテナンスの目安は10年前後と言われています。お住いの環境によっては目安よりも早く劣化が起こることもありますので、まずは外壁の点検が必要です。お気軽にご相談下さい。
質問 工事の前にご近所にご挨拶するべきですか?
回答 工事の音や埃などでご迷惑がかかる可能性のあるご近所の方には、当社がご挨拶に伺い、ご説明させて頂きますのでご安心ください。
質問 外壁リフォームのご相談をしたら契約を強引に勧められたりしませんか?
回答 当社は無理な営業や工事勧誘は致しません。お客様のお住いの外壁の状態を点検させて頂き、ご予算やご希望に合わせた塗装のご提案を行っています。
塗料から塗装工事の流れも分かりやすくご説明させて頂き、お客様にご判断いただいております。

30横浜市で外壁塗装を検討する際によくある3つの質問

外壁塗装を検討する際によく出る、3つの質問に回答しましょう。
質問 どういった塗料があるのですか?
回答 現在、市場に出回っている塗料にはたくさんの種類があります。代表的な6つの壁紙をご紹介しましょう。アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・ラジカル・光触媒・無機の7種類です。このうち7年から15年の耐久性を持ち値段も比較的リーズナブルなシリコン塗料と、科学的に劣化を抑える機能をもたせたラジカル塗料が人気です。
質問 ラジカル塗料とはなんですか?
回答 一般の塗料は白を表現する際に酸化チタンを利用します。発色がいいのですが、紫外線に弱く、塗料自体に時間をかけてダメージを与えてしまいます。ラジカル塗料は、酸化チタンをラジカル抑制層で包み込む加工を行い紫外線の影響を極力減らしたものです。さらに塗料の耐候性を高めるため光安定剤も混ぜられています。このおかげで、塗料の寿命平均で15年ほどとシリコン塗料と変わらない性能を出せるようになりました。
質問 長持ちする塗装とは?
回答 日なた、日陰、湿度の高さなどを考慮して適材適所で塗り分けることです。専門業者にご相談の上、最適な塗料を利用して塗ってみてください。

31業者を選ぶ際に気をつけることとは

POINT 外壁塗装業者の中には、適当な工事をして高いお金を請求してくるような業者もいるので、そのような事態を避けるためにも、依頼先は慎重に選ぶ必要があります。
塗装工事は施工後の仕上がりは良く見えても、実は通常3回塗りしなければいけないところを1回や2回だけに留めて塗料代や手間代を浮かせているような悪徳業者も存在しています。
悪徳業者でないかを確認するには、建築業の許可の他にも、塗装技術士の資格を持っているかチェックしましょう。塗装技術士には1級から3級まであり、1級は実務経験が7年あることが受験資格となっているので、1級塗装技術士が在籍しているなら、適当な工事をしない証にもなります。
絶対に1級塗装技術士がいなければいけないというわけではありませんが、何かあったときの保証があれば安心です。契約前に保証やアフターフォローの内容を確認して、塗装が剥がれてきたときなどのトラブルにどのような備えがあるかを見極めましょう。
あとは、施工実績や打ち合わせをする担当者の対応などをチェックして、安心材料が多くなればなるほど、トラブルが起きる可能性は低くなります。

32 外壁塗装業者選びの注意点

POINT お住まいのリフォームを行う時、適正な業者を相場の範囲内で探すのは意外と難しいものです。実際に探し始めると数多くの業者が存在することに気づきますが、その違いや工事品質の差は分かりにくいため業者選びに悩むことになります。ここでは、外壁塗装にフォーカスし、業者選びの注意点やポイントをご説明しましょう。
●塗装技能士や建設業許可証を保有しているか
外壁塗装に許可証や免許はありませんが、長年の実績と経験がなくては取得できない塗装技能士や建設業許可証の許可、資格を保有している業者は信頼度が増します。塗装技能士は1級と2級があり、1級はより取得難易度が高いものです。「一級塗装技能士」が在籍していると安心です。
●施工実績の豊富な業者を選ぶ
工事品質が高く適正な料金で対応が丁寧な業者であれば施工依頼は多いものです。そのため、お客様からの信頼度を図る目安として施工実績数は大きなポイントになります。ホームページに記載されているか、近日の施工事例は掲載されているかなどチェックするようにしましょう。その際に、工事価格が記載されているかも合わせて確認すると参考になります。
●自社施工会社であるか
完全自社施工会社であれば下請け業者が必要ないため中間マージンが発生しません。また、営業マンと職人との指示ミスなども起こりづらく、工事の進捗状況も常に把握しているため安心です。

33 横浜市で外壁塗装業者選びをする際の注意

POINT 外壁塗装に関しては、その塗料の進化が近年特に注目を集めています。住宅やオフィスの外壁というのは一様のようで、日当たりや周囲の環境によって面によって性格が異なってきます。簡単に言うと、日当たりのいい面と悪い面で同様の塗装を行っても汚れの進み具合は全く異なるのです。
外壁塗装においては、こうした面ごとの特徴を気にしながら、塗料を変えて塗装していくことが求められます。こうした丁寧な仕事を行える業者を選んでいくことが重要です。
また上述の塗料の進化に対応できる業者もあまり多くはありません。塗料の種類においては、塗装方法に研修を設けているものもあります。塗装コンテストなども 業界では積極的に行っています。こうした施工以外の実績があると技術にも信頼が置けます。受講履歴や受賞歴はホームページ上に掲載されていることがほとんどなので、ぜひチェックしてみましょう。
壁の色に関しても相談してみることをおすすめします。塗装希望の色に加え、提案された色を見比べることで、新しいインスピレーションを得ることにもつながるかもしれません。

34外壁塗装に関することで知っておきたい用語

外壁塗装を業者に依頼すれば、それなりの費用が掛かります。できるだけ工事費を抑えるためには複数社から相見積りを取ることをおすすめしますが、その際に覚えておくと役立つ用語をいくつか紹介します。
外壁塗装工事を行うときには必ず足場が必要になりますが、見積書には「足場費」「足場一式」などの表記があります。
業者によっては自前の足場を使用することで足場費が掛からないケースもありますが、見積金額を安く見せるために足場費を省略していることもあるので、記載がない場合は依頼する前に業者に確認することをおすすめします。
見積書には「下地処理費」という項目もあります。外壁塗装をするときには壁面に汚れや凸凹があると塗装が上手くなじまないため、高圧洗浄などによる下地処理が必要になり、状態によって下地処理代が異なってきます。
見積書には「材工一式」などと書かれていることがありますが、施工詳細がよく分からない際にこのような表記がある場合によく使われる言葉です。
その他にも外壁塗装の見積書には、「養生費」という言葉があることも多く、これは塗装の際に周囲に汚れが付かないようにビニールやテーブなどを使って覆うことで、養生費には手間代も含まれることもあります。

35外壁塗装に関する業界用語の解説

外壁塗装リフォームを行う際、塗装業者を検討する時には会社概要や、塗装リフォーム方法、施工実績などを確認されると思います。その中で、質問の多い専門用語からいくつかを取り上げて解説しましょう。

●外壁診断士
「外壁診断士」とは、外壁の性能や問題点に対処する専門知識を習得した外壁のプロフェッショナルです。新築からリフォーム住宅までそれぞれに応じた適正なアドバイスや提案が出来るのが特徴で、3階建て以下の一般住宅が対象です。
「建物の安全性」「長持ちする外壁」を基本に、外壁の劣化診断、安全評価が行えるよう外壁に関わる理論を学び知識を身につけている有資格者です。

●バイオ洗浄
バイオ洗浄剤を使用した洗浄のことを差します。外壁は排気ガスや埃、砂、泥や雨だれなどの汚れが付着しています。これらの汚れには水だけで高圧洗浄をするのが一般的ですが、カビやコケなどの生物系汚れを根元から分解・除去するのに効果的なのはバイオ洗浄です。
殺菌効果により汚れ以外にも臭いを抑えることが出来るのがバイオ洗浄の優れた点です。塗装前に洗浄することで塗料が密着しやすい外壁になります。

●付帯工事
外壁や屋根には付いているパーツ部分を「付帯部」と呼びます。雨樋や軒天、破風板や水切り、笠木などが付帯部であり、外壁塗装の際に一緒に塗装を行うことが勧められます。
付帯部をそのままの状態で塗装しなければ傷みや汚れが逆に目立ち美観を損なうほか、塗装による防水効果で付帯部分の劣化を防ぐことが出来るからです。

36横浜市で外壁塗装を依頼する際に使える業界用語

光触媒塗装

外壁塗装には、シリコン塗装やフッ素塗装など多くの種類があります。それぞれに特徴があるのですが、大きな違いは価格と耐久性です。価格帯の低い塗料も多く存在するのですが、多くの場合耐久性も低く、高い頻度で塗替えを行わなければなりません。

今回ご紹介する「光触媒塗装」は太陽からの「光」と雨水の「水分」をもってセルフクリーニングができる画期的な塗料です。原理を簡単に説明すると、光触媒塗装を施された外壁は、太陽光で汚れを塗料表面から分離させ、雨水で流し落とすのです。

セルフクリーニング効果により、長期間塗りたての状態を維持することができるので、他の塗料よりも耐久性が高く、塗り替えの頻度は概ね30年ほどで済みます。太陽光を利用することから、従来であれば汚れが目立ちやすい白色系統の塗装に効果があるので、多くの方面で関心を持たれている塗料と言えます。ただ注意点もあり、日当たりが十分なこと、適度に雨もふり汚れを流してくれることが、効果を最大限発揮する条件です。まずは塗装したい面の天候状況を定期的に確認した後、ご相談ください。

FAQ一覧

お役立ち情報

外壁の塗装を自分で行うことのデメリットとは?
展開
自宅の外壁をDIYで塗装することのデメリットについて記載しています。外壁塗装は高所での作業が必要になる分危険を伴う以外にも、素人が行うといろいろな支障をきたす恐れがあることも紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。
詳細情報
外壁塗装を成功させるポイントがあれば教えて
展開
外壁塗装に失敗しないためのポイントが分かる内容となっています。
どこに工事を依頼するかで成功できるかが大きく変わってくることについても書かれているので、将来外壁塗装を行う方には参考になると思います。
詳細情報
屋根工事を依頼する際の注意点
展開
屋根のリフォーム工事をするときの契約書の必要性について分かる内容となっています。
工事の大小に関わらず、口約束でも契約には注意した方が良いことが記載されているので、気になる方はチェックしてみてください。
詳細情報
外壁塗装の一括見積りサイトを利用するときの注意点は?
展開
外壁塗装の一括見積りサイトを利用するときの注意点を、利用するメリットも併せて分かりやすく説明しています。かりやすく説明しています。
便利なことしかないと思う方も多いと思いますが、利用した場合デメリットがあることを認識したうえ利用しましょう。
詳細情報
外壁塗装に使用する正しい塗料の選び方を教えて欲しい
展開
外壁塗装に使用する塗料には、色以外にもいろいろな種類があります。そのことを知らないで塗料を選択してしまうと後悔することになるかもしれません。
外壁塗装に使用する塗料の正しい選び方が分かる内容となっています。
詳細情報
スレート屋根のメンテナンス工事を行うときに知っておくべきこと
展開
スレート屋根をメンテナンスするにあたり、消費者が知っておくべきことについて紹介しています。
事前に知っていれば工事費用を抑えられたり、正しい業者選びができたりすることが分かる内容となっています。
詳細情報
外壁塗装を安く行う方法とは?
展開
複数の業者から相見積りを取る以外にも、家の外壁塗装費用を安く抑える方法を紹介しています。
どんな外壁でも塗装工事は必要になるので、マイホームを持っている方にはきっと参考になると思います。
詳細情報
マンションオーナーが外壁塗装を成功させるコツとは?
展開
マンションオーナーが外壁塗装を成功させるコツについて紹介しています。
塗装費用を安くする方法以外にも、外壁塗装が入居者を増やすことにつながることも書かれているので、マンションを新築するオーナー様にも参考になると思います。
詳細情報
屋根工事はどこに依頼しても結果は一緒なの?
展開
屋根工事はどこに依頼しても一緒なの?という質問に回答しています。
依頼する業者によって工事費用も仕上がりなどが異なることが分かり、依頼すべきなのはどのような業者なのかが分かるようになっています。
詳細情報
外壁塗装の見積書で確認すべきポイントとは?
展開
外壁塗装をしようとある業者から見積りをとった方より、工事を成功させるための見積書のチェックポイントについての質問をいただき、それに回答した内容が書かれています。
外壁塗装を失敗したくない方はぜひご覧ください。
詳細情報
外壁塗装で信用できる営業マンを見抜く方法とは
展開
外壁塗装を行うときに、信頼できる営業マンを見抜くためのポイントを紹介しています。
外壁塗装を成功させるためには職人の腕も大事ですが、会社全体の信頼度を確認するには最初に面会する営業マンの力量も大事なことが分かる内容になっています。
詳細情報
屋根工事にはどのようなものがありますか?
展開
屋根工事にはどのような種類があるか紹介しています。
屋根のメンテナンスとしては屋根塗装を定期的に行うことが大事ですが、屋根には寿命があって長く同じ家に住む場合は他にもさまざまな工事が必要になることが分かります。
詳細情報
外壁塗装で後悔しないためのポイントとは
展開
外壁塗装では、工事が終わった後に「こんなはずじゃなかった」と思う方も少なくありません。
ここでは、外壁塗装で失敗しないためのポイントを紹介しています。家の外壁塗装には最低でも何十万円単位の費用がかかるので、慎重に塗料選びを行いましょう。
詳細情報

PageTop

  • メールは24時間受付 お問合せフォーム