外壁塗装工事をするときの3回塗りの理由|

株式会社Tホーム
  • Home
  • Mail
space

FAQ

横浜で外壁塗装工事をするときに3回塗りなどが行われるのはどうしてですか?

これから横浜に住んでいる私は外壁塗装を業者に頼みたいと思っていて、そのためにわからない点についていろいろと調べているところです。
特に外壁塗装の工事内容について疑問が生じてきており、たとえば、外壁塗装は通常3回塗りで行われることが多いそうですが、どうして3回必要なのか疑問に思いました。
外壁塗装の際になぜ3回塗りが一般的に行われているのか理由を教えてください。

answer

3回塗ることで塗膜がしっかりと定着します

外壁塗装は素人にはよくわからない部分が多いため不思議に思う人がいるかもしれません。
私達はこれまでにたくさんの外壁塗装をこなしてきた実績のある業者であり、品質の高い塗装を心がけています。
この前対応したケースでは、初めて外壁塗装を依頼するという人であり、基本的なことを教えて欲しいといわれました。
特に外壁塗装の工事の際にどうして複数回塗料を塗る必要があるのか疑問に思っているとのことです。
そこで、外壁塗装の工事では3回塗りをするのが基本であり、これによってしっかりと塗膜を定着させることができると説明しました。
外壁と塗料がしっかりと密着してなかなか剥がれないようにするためには1回塗るだけでは不十分なため、2回や3回、場合によっては5回塗ることもあるのです。
こういう説明をしたところ、疑問を解くことができてよかったと言われて、実際に外壁塗装を頼みたいという話になりました。
そこで、工事の準備を進めて、計画通りに工事の工程を進めていき、丁寧に3回塗りで外壁に塗装したため、最終的にはとてもキレイな仕上がりになり、依頼主はとても満足されたようです。
このように外壁塗装の工事では塗料を複数回塗るのが普通であり、そうすることで塗装をしたあとに塗膜の剥がれやひび割れといったトラブルが起きてしまうのを防ぐことができます。
これから外壁塗装を依頼するときには塗料を複数回塗るのが普通であることを理解して工事を頼むと良いでしょう。

PageTop

株式会社Tホーム
Mail