施工事例|横浜で外壁塗装なら、株式会社Tホームにお任せください。

株式会社Tホーム
  • Home
  • Mail

施工事例

マンション塗装工事

Before
After
Tホーム外壁塗装 マンション塗装ビフォ
Tホーム外壁塗装 マンション塗装アフター
東京都江戸川区にあるマンションを塗装させて頂きました。
依頼された形で色を塗った結果、まるでアートのようなマンションが完成しました。

当社では、マンションやアパートの塗装も受け付けておりますので、ご検討の際は是非ご依頼ください。

屋根葺き替え工事

Before
After
施工事例
施工事例
屋根の状態を診て欲しいとのご連絡をもらいまして、即日対応させていただきました。
築30年以上経つお住まいとのことでしたが、これまでも定期的に塗装工事などのメンテナンスをしっかり行ってきたというだけあって、状態は思ったより酷くはありませんでした。
しかし、既存のスレート屋根の寿命が近づいていることは明確で、再び塗装によるメンテナンスも可能でしたが、そうすると10〜15年後には屋根の葺き替え工事が必要になると、今後のこともしっかりご説明し、現状も細かくお伝えして、ガルバリウム鋼板への葺き替え工事を行う結論に達しました。
下地の状態もよく、この段階でカバー工法を用いる方が、後々の対費用効果を考えるとベストと判断してご提案させていただきましたが、お客様自身でも屋根工事についていろいろお調べになっていたそうで、再塗装を行うよりも、より耐久性の良い屋根材に葺き替えすることを考えておられました。
予算も考慮して、それに最も適した屋根材が、塗装工事の必要がないメンテナンスフリーのガルバリウム鋼板であることもきちんとご納得いただき、工事を開始することになりました。
瓦屋根には及びませんが、耐用年数が40〜50年のガルバリウム鋼板は、軽量で地震にも強い金属屋根で、屋根を長持ちさせることができることをしっかりとご理解いただけ、施工後の仕上がりにも大変満足してもらえたようで、本当に良かったです。

ガルバリウム鋼板の屋根工事

施工事例

施工事例

施工事例

アルミニウムと亜鉛とシリコンの3つを組み合わせた合金を、ガルバリウムでメッキした鉄をガルバリウム鋼板と呼びます。
アルミニウムは、耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性に優れ、亜鉛は犠牲防食機能に優れることから、その両方の特徴を持ち合わせ、従来の鋼板よりも耐久性に優れた、アメリカで1972年に開発された画期的な金属素材です。
屋根以外にも、多機能なガルバリウム鋼板は、店舗や工場などの外装材にも使用されていて、トタン板の3〜6倍もの耐久性を誇ります。
金属にもかかわらず錆びにも強く、軽いことから耐震性にも優れており、地震にも強い屋根材、外装材としても、高い人気を誇っています。

下地処理

ケレン
ケレン
ケレンとは、ヤスリや電気工具を用いて、鉄部分の錆びや汚れや旧塗膜を落とす作業のことです。
塗装工事においては、「下地処理」や「素地ごしらえ」とも呼ばれており、塗料の付着をよくするために行われます。
ケレンをしっかり行わないと、塗装後に早い段階で塗料が剥がれてくるので、作業には十分な注意を払う必要があります。
コーキング撤去
コーキング撤去
サイディングの目地を埋めるシーリング材を、剥がす作業がコーキング撤去です。
一見簡単そうに思われますが、素人では簡単にできない、豊富な経験が必要になる作業で、専門業者に正しい施工をしてもらわないと、建物の耐久性を下げてしまいます。
コーキング撤去後は、マスキングを周りに貼って、コーキング工事に備えます。
高圧洗浄
高圧洗浄
高圧洗浄は、外壁や屋根に付いた目に見える汚れやホコリ以外にも、旧被膜なども根こそぎ洗い落とす、塗装工事には欠かすことができない大事な作業です。
四六時中雨風や紫外線や排気ガスなどにさらされている屋根や外壁には、様々なしつこい汚れが付着しており、それが劣化を早めてしまうわけですが、汚れを完璧に除去しないと、塗装の仕上がりにも耐久性にも、大きな悪影響を与えることになってしまいます。

塗装工事

雨どい塗装
雨どい塗装
雨どいとは、屋根を流れる雨水を、地上や下水に導くための装置のことですが、屋外に設置されていることから、泥や落ち葉などが溜まることもあれば、形状が複雑なことからも、塗装工事では職人の技量が試されることになります。
経験豊富な腕の良い職人が、しっかり対応させていただきます。
屋根塗装
屋根塗装
常に雨風や紫外線にさらされている、家を守る大事な屋根には、定期的なメンテナンスが必要です。
塗装工事を怠ると、雨漏りなどを引き起こし、構造体である木材を腐らせて、家の耐久性を弱めてしまい、最悪白アリの餌食になって、建て替えが必要になってしまいます。
防水工事
防水工事
雨や雪や紫外線から、建物や構造物を守るために行われる防水工事には、箇所などにも合わせて様々工法があります。
お客様のご要望や予算にも合わせながら、できる限り長期に渡って効果がある、最善の方法をご提案させていただきます。

軒天部分張替え工事

Before
After
Tホーム外壁塗装工事 軒天部分貼り換え1
Tホーム外壁塗装工事 軒天部分貼り換え2
軒天とは、屋根の真下部分にある壁のことをいいます。
バルコニーやベランダの裏側も同様に軒天と呼ばれます。
軒天には、雨水や日差しによる外壁の劣化を防ぐ効果があります。
軒天は湿気がこもりやすく、劣化してしまうと軒天材が剥がれ、場合によっては鳥などが侵入する可能性があります。
軒天工事の代表的な施工方法は、塗装ですが、劣化が著しい場合は「張り替え」で補修するのが一般的です。

サイディング部分張替え工事

Before
After
Tホーム外壁塗装工事 サイディング部分貼り換え1
Tホーム外壁塗装工事 サイディング部分貼り換え2
サイディングボードは、最近住宅の外壁材として多く採用されている素材です。
外壁は10年前後で塗装の時期が訪れますが、時期を過ぎても長年放置してしまうと、徐々に劣化が進み、塗装では補修不可能なレベルになると、サイディングボード自体を治す必要が出てきます。
劣化したサイディングボードは張替える事によって、外壁が新品になり、見た目が綺麗になるだけではなく、外壁が原因の雨漏りを改善する事が出来たり、壁の中のカビや断熱材の不具合を改善出来るなどのメリットが存在します。

ウッドデッキ撤去工事

Before
After
Tホーム外壁塗装 ウッドデッキ撤去1
Tホーム外壁塗装 ウッドデッキ撤去2
ウッドデッキは木材の種類によっては数年〜10数年で腐ってしまう場合があります。
腐ったウッドデッキを処分せずに放置していると腐食が広がり、シロアリの繁殖にもつながります。
処分には自治体へ回収を依頼したり、手間や時間が必要です。
今回は、外壁・屋根の塗装と一緒にウッドデッキの撤去も行わさせていただきました。
不要になったウッドデッキは当社で処分可能ですので、お気軽にご相談ください。

基礎コンクリート補修工事

Before
After
Tホーム外壁塗装 基礎補修工事1
Tホーム外壁塗装 基礎補修工事2
基礎とは、建物を支える下部構造のことで、安心できる住まいづくりのためにとても重要な場所です。
今回は基礎の補修を依頼があり、対応させていただきました。
基礎に発生したひび割れは、雨水がコンクリート内部に侵入する可能性があります。
深刻なひび割れを放置してしまうと、基礎の強度が低下してしまい、場合によっては地盤沈下する可能性もあります。
もしお家の基礎にひび割れを発見したら、必要であれば業者に診断をしてもらう事をお勧めします。

幕板交換工事

Before
After
Tホーム外壁塗装 帯板ビフォー
Tホーム外壁塗装 帯板アフター
帯板とは、階の境目やデザインとして取り付けられている板のことを差します。
帯板は、外壁とは別の素材を上から張り付けているので、壁より早く劣化してしまう事が多い場所です。
外壁を塗装する一番の理由としては防水などの保護を目的としていますが、外観を良くする効果もあります。
今回は痛んだ帯板の交換工事をさせて頂きました。
帯板が痛んでいると、塗装しても数ヵ月から3年以内に塗膜が剥がれてしまう可能性があり、外観が悪くなってしまう可能性があるため、痛んでいる帯板は塗装前に交換する事を推奨致します。

アーチ型幕板交換工事

Before
After
Tホーム外壁塗装 アーチ帯板ビフォー
Tホーム外壁塗装 アーチ帯板アフター
上記の帯板交換と同時に、アーチ型の帯板の交換工事をさせて頂きました。
before写真はアーチ型の帯板を撤去した時のものとなります。
アーチ型の帯板は主に装飾として取り付けていますが、痛んだ帯板を交換するだけで印象はガラッと変わります。

PageTop

株式会社Tホーム
Mail